学文路天満宮からのお知らせ・予定

 

2017/5/30 お車の方は紀の川フルーツラインをご利用ください。

学文路天満宮へのお車でのアクセスは紀の川フルーツラインを通るルートでお越しください。比較的通行がしやすくなっております。詳しくはアクセスのページ


1月のお知らせ初天神 1月25日

菅原道真公は誕生日が6月25日、逝去が2月25日なので、25日が御縁日となっています。新年初の25日を特に初天神と定めました。この日、幼子らは天神さまに書初めを奉納し書道の上達を祈願します。

○飾幕「川中島の合戦」展示いたします。

明治・大正時代の担ぎ屋台(かつぎだんじり)の飾幕(かざりまく)「川中島の合戦」を修復し、「初天神祭」の1月25日~同月末、同神社拝殿に展示いたします。
赤い羅紗地に刺繍(ししゅう)を施し、武田信玄と上杉謙信の「竜虎相打つ川中島の合戦」が浮き彫りされた迫力ある作品です。
「戦国時代の名将同士の決戦場面、その気迫をとくとご覧ください」

学文路天満宮からのお知らせ・予定

学問の神様・菅原道真公を祀る「学文路天満宮」は、受験シーズンになると合格祈願にたくさんの参拝者が訪れます。
学文路駅から国道370号線の平坦な道を紀伊清水駅方面へ歩き、大きな案内板を目印に柿畑 の間を通って山手へ。山あいの静けさの中にたたずむ天満宮は、学力向上のほか、病気よけや厄除・良縁を さずける神としても知られ、受験生でなくても訪れたい場所。
10月の秋祭りには、神事のあと町に御神輿がくり出し、境内では演芸や餅投げで賑わいます。

右上の写真は10月秋祭(第4日曜日)の様子です。
学文路、南馬場、清水地区の三基のだんじりは、宵宮から地区内を練り、祭り当日は10:30分頃から三基が次々と宮入して、壮美な姿を披露します。

高野山はご近所です。